復縁、復活愛へ向かう為の最初のlineの書き方。

こんばんは、照庵です。

タロット占いでも依頼の多い!復活愛、復縁について

前回は復縁する為の最初の連絡の取り方について書かせて頂きました。

最初の連絡の取り方ですが、もし喧嘩別れ等でしたら、

相手の落ち度関わらず、先ずは謝る事で相手の懐に入りこむと書きました。

それ以外ではどうでしょうか?

例えば、振られてしまった場合、何と無く連絡が途絶え気味になった場合。

様々なシチュエーションがあると思います。

その時に、一定の間隔を空けてline等で連絡を入れる事になるかと思いますが、

振られてしまった場合は、

出来る限りもう一度アタックしてくる事を悟られ無い文面から始める事です。

例えば、

返事が必要な要件、質問。そして吹っ切れた事 を先ずは伝えましょう。

何度も言いますが、再度ひつこくアタックして来ているかお相手は先ず警戒しています。

この警戒心を解く事です。

どんなパターンでも 警戒心を解いて相手の懐に徐々に入る事が大切です。

タロット占い師をしていて、圧倒的に多い復活愛、復縁。

この相談での最初の難関が好きな気持ちを押し殺して、如何に相手の警戒心を解くかです。

これが中々出来ない人が圧倒的ですが最も重要です。

では、

復縁の第3回目に、何故、忙しさを演じるのか?

について書きますね。

合掌

真言宗僧侶であり占術師。

真言宗僧侶であり占術師。(僧侶は中院流にて授かる)

ある旅の途中で古来の伝統的霊能者のユタの存在を知り、そのユタからタロット占術や瞑想、チャネリング、ヒーリングの伝授を受ける。また、東洋西洋問わず、祈りの想いは一つである事を信条に、密教僧でありつつも、西洋魔術やエネルギーアートにも精通し実施している。

関連記事